logo.pngm1_a.pngm1_a.pngm2_a.pngm2_a.pngm3_a.pngm3_a.pngm4_a.pngm4_a.png

o_1.png

onogi.jpg神奈川県出身。1990 年に伝統芸能企画制作オフィス<古典空間>を設立。 各種邦楽、日本舞踊など伝統芸能を専門に、公共ホール自主事業公演の企画立案、学校公演や外務省等の海外公演コーディネート、各種イベントの企画、制作、プロデュースを行う。またメディア出演や大学講師を務めるなど若い世代への伝統芸能の普及、さらに伝統文化による地域振興の支援などにも幅広く携わっている。主な事業として、東京都主催伝統芸能フェスティバル<東京発・伝統WA感動>より『三弦 海を越えて』『邦楽ワンダーBOX』『はじめての邦楽』等の企画・制作。東京スカイツリーオープニングイベントの制作(2012年)。アーツカウンシル東京/NPO法人 粋なまちづくり倶楽部主催事業『神楽坂まち舞台・大江戸めぐり』の制作(2013年~)。茨城県小美玉市における学校アクティビティ事業のプログラム作成・制作(2003~2017年)など。

・船橋市文化芸術ホール芸術アドバイザー(2004 年~)
・船橋市文化芸術振興基本方針策定委員会委員(2015年~2017年)
・船橋市文化振興推進協議会推進委員(2017年~)
・富山県・公共ホールネットワーク事業アドバイザー(2014年~2017年)
・東京都オリンピック文化プログラム検討部会専門委員(2014年~2017年)
(公社)全国公立文化施設協会コーディネーター(2016年~)など

o_2.png

平成29年度「劇場・音楽堂等 伝統芸能事業 企画制作ハンドブック」
[平成30年3月発行:(公社)全国公立文化施設協会]
「伝統芸能事業に取り組みたいが何から始めてよいか…」という劇場・音楽堂等の皆さまに、「伝統芸能事業の企画・実施の基本」「地域の郷土芸能との連携のあり方」「魅せる伝統芸能事業のヒント」など伝統芸能の現状から事業実施のプロセスまでをお伝えする目的のハンドブックです。編集委員を担当させていただきました。

黒部市国際文化センター コラーレ発行『コラーレタイムス』

日本芸術文化振興会ニュース 2016年7月号「1000字エッセイ~〝レガシー〟再考」

(一社)建築保全センター 機関紙『Re』2016.10 NO.192 特集「ルーティン」にできること

平成27年度 全国劇場・音楽堂等アートマネジメント研修会2016
[記載ページ]43p グループC ②地域若者の劇場人人材育成 ―大都市・都市・地域の交流・連携で地域発信―
       56p グループD ①生き続ける日本語、身体観の「口上と笑い」の芸能

平成28年度 全国劇場・音楽堂等アートマネジメント研修会2017
[記載ページ]90p 特別プログラム 日本舞踊家集団・弧の会〈普及と創造への挑み〉

2020年東京オリンピック 東京芸術文化評議会 文化プログラム検討部会 専門委員

ホルトホール大分 子どもに伝える伝統芸能のコーディネート・フォーラム
 ・12月9日大分合同新聞夕刊掲載・12月19日大分合同新聞夕刊掲載

船橋市文化芸術振興基本方針策定委員会委員

TOYOTA ART MANAGEMENT ネットTAM インタビュー